緊急座談会 ~我が国デジタル化の今後について~

我が国デジタル化の今後について

 先般、デジタル社会のグランドデザイン検討部会ではその議論の成果を『ニッポン病への処方箋』と少々扇動的な表題で報告書にまとめ公表しましたが、デジタル庁の創設やハンコの撤廃などここ数日の政府の動きをみると、急速にデジタル化に向けて加速している感があります。
 そこで、今日はこの部会の座長をお願いした津田塾大学の森田朗教授をはじめ以下4名の部会メンバーにより、今後のデジタル化に向けての意見をざっくばらんに交換するオンライン座談会を10月10日(土)に行いました。(以下、敬称略)

デジタル社会のグランドデザイン部会
森田  朗(座長)、仙波 大輔、榎並 利博、安達 和夫

次>> 1.政府のデジタル化に向けた取り組みについて

記事全文はこちら(PDF)